DHA・EPAそれぞれの成分とその違い

【DHAとは】
今話題のDHAとは、主にマグロやイワシなどの青魚の脂に多く含まれる栄養素です。 主に魚の脂に多く含まれているもので、DHA・EPAのどちらも、この不飽和脂肪酸の一種です。 飽和脂肪酸は、動物性の脂とは反対に血中コレステロール値を下げる働きがあり、 常温では固まりにくく液体を保つ成分ですので、血液をサラサラにし動脈硬化の予防や、 中性脂肪を減少させる効果があります。また、DHAは主に、中性脂肪を低下・脳の活性化・視力の向上・アトピー性皮膚炎の 改善に効果があります。

【EPAとは】
DHAと同様に青魚の脂に多く含まれている栄養素で、 不飽和脂肪酸に分類されるものです。EPAとDHAはどこが違うかというと、 それぞれ得意分野が少しずつ違います。例えば、両方ともに血液の流れを良くし、 動脈硬化などの生活習慣病を予防しますが、コレステロールを下げる効果についてはDHAの方が高く、 一方、中性脂肪を減少させる効果については、EPAの方が高いなど、それぞれ多少の違いがあります。 また、両者の最も大きな違いは、DHAは脳にまで運ばれ脳神経を活性化させますが、 EPAは脳まで行き渡らない仕組みとなっています。 さらに、EPAはさまざまなアレルギー反応のコントロール・敏感肌の改善・動脈硬化や脳卒中の予防・生理痛の緩和・癌の予防などに 効果があるといわれています。

一緒に摂って相乗効果アップ!

大変良く似た栄養素ですので、同時に摂取する事で、相互的に有効に働くことが期待出来ます。 魚の中にはDHAとEPAが入っているので、より自然に近い形で摂取することができます。 ただ、現代人は魚を食べることが少なくなっているので、サプリメントで量を調節しながら (「サプリメントがいいワケ」に参考量が載っています。)飲んでください。もちろんビタミンEが入っているほうがよりベターです。 DHAとEPAは酸化しやすいため、時間が経つと効力が落ちてしまいます。ビタミンEはこの酸化を防ぐ効果があるため、 一定時間を越えても栄養が衰えることなく保存することが出来ます。(その他の理由は、ビタミンEがよい理由は、 「ビタミンEで酸化を防ぐ」を参考にしてください。)