DHAはEPAとどこが違う?

一般的にDHAとEPAは同じような働きとして解説されていますが、 DHAは脳の構成成分の一種で、脳が必要とする限られた栄養分のひとつです。 また、EPAは脳の入り口の血液脳関門を通過できないというのが大きな差です 。他にもそれぞれの得意分野があります。DHAとEPAの違いを解説した理由はDHAが何故脳と目に必要かをご理解いただきたいからです。

そして、体内に存在するDHAの50%ほどが、網膜や視神経に集中しています。 そのことからも、目に関してはいかにDHAが大切かを示しています。 また、「見る」という行為は目に入ってくる外部からの視覚情報が、網膜や視神経を通って、脳に伝わることで「見る」ことを可能にします。 当然のことながら、網膜や視神経にも多くのDHAが必要になり、不足してくれば視力の低下を招くこともあります。実は目は脳の一部で文化したものなのです。 そこで、DHAをたくさん摂取して(もちろん脳の血流の網膜や視神経での情報伝達を円滑にしてあげれば、視力を回復させることができるのです。

DHA・クロセチンサプリメント

視力改善に普段の食材から見直してみてください!

視力を改善するには、普段の食材も見直すことが必要です。DHAと一緒に摂るとさらに効果的な栄養とそれを含んだ食材をご紹介します。例えば、卵にも沢山含まれるビタミンAは、網膜の中で明暗を感じる物質に必要です。急に暗い場所に入ったときに目がなかなか暗闇に慣れない場合は、ビタミンAが不足しているかもしれません。ビタミンAには、薄暗いところで目の働きを良くする効果があるのです。

また、卵に含まれるビタミンB2も目にとって欠かせない栄養素になります。 ビタミンB2の不足は、目の充血の原因になり、角膜炎なども起こしやすくなるといいます 。卵や青魚といったビタミンB2の豊富な食品を摂って不足しないようしてください。